結果発表 さくらねこ部門 入選

主催 公益財団法人どうぶつ基金
後援 環境省、大阪府
応募期間 4月1日から7月31日
各賞 ◾環境大臣賞(1名)(賞状 賞金、賞品合わせて10万円相当)
◾大阪府知事賞(1名)(賞状 賞金、賞品合わせて2万円相当)
◾理事長賞(1名)(賞状 賞金、賞品合わせて2万円相当)
◾審査員特別賞(1名)(賞状 賞金、賞品合わせて2万円相当)
◾入選(21名)(賞状と記念品)

さくらねこ部門 入選

冬のさくら

冬のさくら
kayoko

毎朝毎夕、通勤時に出会ったさくらネコの茶トラ君。 雪の朝、木に登って得意げにポーズ。 やんちゃで可愛くて皆に愛されていたけれど ある春の雨の夜、突然いなくなってしまった。 きっと、どこかで幸せに暮らしているのかな。 君を撮るのが楽しみだった日々。 ありがとうね。

寄り添いあって

寄り添いあって
にしてら

今年の元旦の写真です。地域猫の彼らに新年のご挨拶に行ったところ、たちまち辺りは銀世界に。こんな天気なのに、いやこんな天気だからこそ、ご近所の方が代わる代わる、心配して猫たちの様子を見に来られていました。今日もたくさんの方々に見守られ、生きていく2匹です。

地域を繋ぐ猫の肖像

地域を繋ぐ猫の肖像
Etsulow

妻との散歩中、生後間もないこの子に出会いました。可愛がっていると、近所のお家から1人のご婦人が出てきて、「この子大きくなったら、不妊手術をするのよ」とTNRについて色々と話しを聞かせてくれました。その頃の私はTNRを知らなかったのですが、この方のお話を通して知ることができました。それから1年後、この写真を撮りました。この子は世代を継承することはできなくなりましたが、確実に地域猫の生について、私へ継承することをしました。猫と人とが共生できることを願っています。

さくら、桜

さくら、桜
三好ネコの会

さくら耳の仲良しコンビ。 桜の木の下でお花見ご飯。 美味しいご飯でしあわせ満腹。

ぼくらのまち

ぼくらのまち
fixx

この街で生まれて、この街でさくら猫になって、兄弟で一緒に生きています。

ずっとここで

ずっとここで
おパパ

小さいときTNRで戻されてからずっとここで(我が家の近所で)地域の人にかわいがられて暮らしています。たぶん、呼び名はいろいろあると思います。(かわいがってる人が多いので)我家では、「にゃあちゃん」と呼ばれています。一緒に捨てられたミーちゃんとずっとここで安心して暮らしてほしいです。